よくあるご質問

QUESTION 01電力小売の自由化により一般家庭にとって何が変わるのですか?
A.様々な事業者が電気の小売市場に参入できるようになり、地域電力会社以外の電力会社を一般のご家庭でも選択することが可能になります。各電力会社によって、サービスの種類や内容が増えし、料金メニュー幅も広がります。
QUESTION 02電力会社を変更すると、新しい電線が事務所や店舗に引かれることになるのですか?
A.現在の一般送配電事業者が管理・運営する既存の送電線を経由し、電気が送られてきますので新しく事務所や店舗に電線が引かれることはございません。
QUESTION 03小売電気事業者に切り替えるのに、工事は必要ですか?
A.電力会社の切り替えには、工事は不要です。ただし、スマートメーターが設置されていない場合は、一般電気事業者がスマートメーターを設置いたします。スマートメーターの設置は原則無料です。
QUESTION 04切り替えると停電しやすくなる等、電力供給の品質への影響があるのでしょうか?
A.今までと同様の送電線を経由して電力供給が行われるため、停電の起こる可能性や電気の品質は今までと変わりません。
QUESTION 05電気を切り替える時には、一時的に停電しますか?
A.スマートメーターへの取替工事が必要となる場合、一時的にブレーカーを落とすなど、停電する場合があります。切り替えのお手続きの際に、電力会社へご確認ください。
QUESTION 06停電が起きた場合はどこに問い合わせをすれば良いですか?
A.停電の原因には、ご家庭の敷地内の電気設備(内線)側に原因がある場合と、送配電設備(外線)側に原因がある場合がございます。一般送配電事業者へ直接ご確認ください。
QUESTION 07なぜ電気料金を安くできるんですか?
A.発電事業者から安く電力を調達し、設備投資等にかかるコストと、人件費等の固定費を抑制をしているので、従来の電気料金よりも安く提供することが可能となります。
QUESTION 08スマートメーターとはなんですか?
A.スマートメーターは、通信機能を有し、遠隔での検針等が可能となる新しい電力量計です。
QUESTION 09スマートメーターの設置の工事は立会いが必要でしょうか?
A..原則として、こちらで手続きを進めるため、お客様にお立合いいただくことはございません。取り替え工事時に、一時的な停電が発生することがございますのでご了承ください。切り替えのお手続きの際に、電力会社へご確認ください。
QUESTION 10現在の電力会社(一般電気事業者)との契約を解約する際に、解約金の支払いなどが必要になるのでしょうか?
A.現在ご契約の電力会社が一般電気事業者の場合は、基本的に契約解除料はございませんが、お客様の契約状況によっては契約解除料が発生する場合もございます。お切り替え前に一度、現在ご契約の電力会社にご確認ください。
QUESTION 11支払い方法はどのような方法がありますか?
A.法人のお客様は銀行口座振替でのお支払いとなります。個人のお客様は銀行口座振替かクレジットカード(VISA、MASTER)でのお支払いとなります。
QUESTION 12燃料調整費とはなんですか?
A.石油や石炭、天然ガスなどの火力発電燃料の価格変動を電気料金に反映させるため、その変動に応じて、毎月自動的に電気料金を調整する制度です。
QUESTION 13再生可能エネルギー発電促進賦課金とはなんですか?
A.再生可能エネルギー発電促進賦課金とは日本のエネルギー自給率の向上を目的として、電気を使う全ての人々が負担する費用です。再エネ賦課金は、買取単価や買取り数量の予測値から、毎年度経済産業大臣が決定します。なお、推測値と実績値の差分については、翌々年度の再エネ賦課金単価で調整します。
QUESTION 14契約期間と解約手数料について
A.従量電灯B、従量電灯C、低圧電力については、1年契約で、13か月目以降、ご自由に解約できます。ご利用期間が1年未満の場合事務手数料として2,000円の解約手数料を頂きます。ただし、引越しする場合はご利用期間が1年未満でも解約手数料は発生しません。

QUESTION 15検針票と利用明細について
A.東京電力とご契約のお客様は検針票が今後は、検針日以降お客様のマイページからご確認頂けます。
QUESTION 16集合住宅での契約について
A.マンションなど集合住宅の場合、各家庭が個別に電力会社と契約していれば弊社への切り替えは可能です。ただし、管理組合等を通じてマンション全体で一括契約を行っている場合(高圧一括受電契約)は対応できません。
TOPPAGE > Q&A
© 2018 NDDH K.K. All Rights Reserved.